TOPICS 校内の様子

2017年6月の記事一覧

**考えよう楽しもう環境マルシェ(一番町)**

**考えよう楽しもう環境マルシェ(一番町)**

◯県内の高校や大学,企業等が環境問題の取り組みをパネル展示などで紹介する「環境マルシェ」が平成29年6月25日(日)にサンモール一番町商店街で開かれました。

◯20団体(うち6高校)が出展し,リサイクルや再生可能エネルギーなどのテーマに沿って発表しました。


風力発電で走る「風力発電ミニカー」


子ども達がうちわで扇いで風力発電

◯白石工業高校からは,電気科3年 谷津恵里香(北角田中)さんと山﨑優佳(福岡中)さんが「環境負荷の少ないクリーンエネルギーの大切さ」を訴えるために,「風力発電ミニカー」を説明・実演したり,校内に設置された太陽光パネル付き風力発電装置による二酸化炭素排出量の軽減効果を紹介しました。

市民の皆さんに楽しみながら環境負荷の少ないクリーンエネルギーの大切さについて学んでいただきました。

◯来場された方は,「生活環境や自然環境の保全に向けた多様な活動を知ることができた」「体験型の企画もあり,楽しみながら理解が深まった」と感想を述べていました。

◯風力発電装置 実習

◯風力発電装置 実習
クリーンエネルギー利活用事業

◇地球温暖化防止対策は,将来の工業人として取り組むべき重要な課題であり,白石工業高校電気科では,平成25年度から,風力発電システムを活用し,風力と発電量に関する学習を行いながら,クリーンエネルギーについて実践的に学んでいます。

◇設 置 日 平成25年3月
◇発電実績 145W(電源独立型)
◇特   徴 ハイブリット街路灯
 (風力・太陽光・LED)


風力と発生した電力量を測定中


学校は高台にあり,風が強いため特殊な形の風車を設置


インバータ回路


バッテリー


外部へのコンセント出力

※ 弾道ミサイル落下時を想定した防災避難訓練を実施しました ※

※ 弾道ミサイル落下時を想定した防災避難訓練を実施しました ※

 ◯訓練の想定

  1. 平成29年6月8日(木)13:35
    白石市地区にエリアメール等で「弾道ミサイルが落下する
    可能性がある緊急情報」発令
  2. 速やかに校内放送により,安全確保のため建物内に避難する指示
  3. 身の安全の確保
    ◇ 屋内にいる場合は,できるだけ窓から離れる(窓のない部屋)に移動
    ◇ 屋外にいる場合は身近な建物に避難する
  4. 講話


◯教室での安全確保


◯実習室での安全確保


◯体育館での安全確保
 窓ガラスの飛散に備え,全員ステージに避難


◯講話(防災安全部)
自分たちの問題と捉え,不測の事態に備えることが大切であることを説く